リゾートバイト比較ドットコム! – 体験談まとめ!

リゾートバイトを選ぶための徹底比較サイトです。体験談、派遣会社、期間、場所などの様々な観点から、あなたにおすすめのリゾートバイトを提供します。

*

宮古島ブリーズベイマリーナに住み込み!【リゾートバイト体験談】

宮古島のブリーズベイマリーナに住み込みでリゾートバイトをしてきました。私がリゾートバイトを始めることになったのは、子供の頃に家族旅行で宮古島を訪れた時のある出会いがきっかけでした。

夕食を食べに家族でホテル内のレストランを訪れたのですが、その時ウエイトレスのお姉さんが私に優しく「どこから来たの?」と話しかけてきてくれたのです。明るくて綺麗な素敵な方でした。

彼女自身のこともその時に話してくれたのですが、彼女は当時大学生で夏休みを利用して東北地方からリゾートバイトをしに来ていたようです。

当時の私はそんな住み込みアルバイトの方法があることさえ知らなかったのでとても楽しそうだと感じました。実際、彼女は宮古島が本当に好きで、休みの日には各地に観光に出かけたり土地の料理を味わったりと島生活を満喫しているように見えました。

私も大きくなったら、リゾートバイトで沖縄の離島に来よう、と彼女を見て思ったのです。大人になってからすぐには実行には移さなかったのですが、リゾートバイト経験者の友人から実際の体験談を聞き、行きたくてたまらなくなりました。

旅行とは違って、参加するのにお金を貯めなくていいので、時間さえあればすぐに登録して参加することができる点も、リゾートバイトをしたいという気持ちを後押ししてくれました。

 

 

宮古島や沖縄でだって住み込みリゾートバイトはできる!

「リゾバ.com」というウェブサイトを通じてリゾートバイトに登録しました。この派遣会社を選んだ理由は、友人に勧められたからというのが大きいです。

インターネットで検索すると多くのリゾートバイト派遣会社がありましたが、正直口コミを見てもどこを選んだらいいのかさっぱりわかりませんでした。そんな時に彼女から話を聞いたのです。

彼女はフリーターでよく長期で各地に旅行しているなと以前から思っていたのですが、リゾートバイトをしながら休日はその土地の観光を楽しむという生活を送っていたようです。この派遣会社の良いところは全国各地、離島まで様々な土地で働くことができ、自分の希望地を紹介してもらえるという点でした。

もちろん、沖縄の果てである宮古島でのリゾートバイトも募集していました。宮古島に無料で住み込めるなんて夢みたいです。そして、宮古島の中でも有名なブリーズベイマリーナの仕事を見つけられたのです。

また、寮の部屋は個室を選択することでき、プライベートな時間もきちんと確保できる点と、水道光熱費が無料で格安の家賃という点が魅力的だと感じました。私は子供のころからよく家族旅行で沖縄の離島を訪れていたのですが、大人になってからは行く機会も少なくなってきていました。

家族との楽しい思い出の詰まった南の島で、南国の雰囲気を味わいながら開放的なリゾートホテルで仕事をし、休日はビーチや観光名所に行って滞在を楽しみたいと考えました。

【リゾバ.com】業界最大の求人数!

 

 

ブリーズベイマリーナのレストランでリゾートバイト!

職種は沖縄県宮古島内にあるホテル「ブリーズベイマリーナ」内のレストランのウエイトレスでした。そのレストランは朝は朝食ビュッフェ会場になり、昼はカフェ、夜は通常のディナー向けレストランとして使われていました。

勤務はシフト制でしたが、だいたい1日あたり8~10時間働いていました。休日は週に1回、多い時で2回ありました。まず朝食ビュッフェですが、早朝からレストランはオープンしますので早起きしてレストラン内の清掃から1日が始まります。清掃が済んだらシェフの方が作った料理をビュッフェ会場に運びます。

冷めないようきちんと蓋をしました。お客さんが入ってきたら配膳や食べ終わった料理のお皿を下げたり、テーブルを拭いたりしました。ホテルの何号室に泊まっているお客さんかを把握して記録していくのも仕事でした。ビュッフェの間は絶えずお客さんが訪れるのでそれなりに忙しいですが、カフェになる昼間はそんなに多くのお客さんが訪れないのでのんびり仕事ができます。

夜は朝ほどではありませんがお盆シーズンは忙しかったです。仕事内容は基本的に朝から晩まで同じで、料理を運んだりお皿を下げたり、お客さんを席まで案内したりといったことです。特別難しいことはありませんでしたので、すぐに仕事を覚えることができました。

沖縄でするリゾートバイトの魅力

 

 

宮古島は大自然が堪能できるのでおすすめ!

宮古島は沖縄本島に比べるとまだまだ未開発の地域が多く、美しい海や自然が今でも残されています。道路は夜になると真っ暗になります。あたりから野生生物の鳴き声が聞こえてきて、自分が大自然の中にいることを感じることができます。

私がブリーズベイマリーナでのリゾートバイトの休みの日によく訪れていたのは、宮古島の最南端にある「東平安名崎」という岬です。私が働いていたホテルからは車で30分程で行くことができました。

岬という名前の通り、高台にあってとても見晴らしが良く、透き通った綺麗な海がどこまでも広がっているのを見渡すことができました。周辺に景色を見ながらランチができるカフェやレストランがありますので、お天気の良い日にこの場所でのんびりと過ごすのが滞在中の楽しみでした。

島民の方は明るく気さくな方が多く、タクシードライバーの方と仲良くなり夜のジャングルに特別に連れて行ってもらう機会がありました。その方が子供の頃よく探検した場所だそうです。

ヤシガニやミミズクなど普段は見られないような珍しい生き物を見ることができて良かったです。このように現地に暮らす人々とも関わることができ、自分ひとりじゃ決していけないような場所にも連れて行ってもらい感謝しています。

【リゾバ.com】業界最大の求人数!

 

 

宮古島ブリーズベイマリーナで出会った人たちとは一生の友達!

宮古島のブリーズベイマリーナでリゾートバイトをして良かったことは、全国各地から集まった人たちと友達になれたことです。そこで働くまでは、ホテルで働いている人は地元の人ばかりだと思っていたのですが、自分のように沖縄の離島や文化、景観が好きで全国からリゾートバイトをしに来た人が多かったので驚きました。

彼らとは沖縄や海、自然が好きという共通点やマリンスポーツ、スキューバダイビングなどの共通の趣味もあり、すぐに仲良くなることができました。仲間ができてからは仕事がそれまで以上に楽しくなりましたし、仕事の上でも優しく教えてくれたり助けてもらったりして働きやすい環境でした。

レストランの繁忙時間帯はそれなりに体力的にもきつかったですが、仲間と助け合い励まし合って乗り越えたことで、チームワークの素晴らしさや、何かをやり遂げることの大切さについて身をもって学ぶことができました。

1ヶ月という短い期間でしたが彼らとはリゾートバイトが終わった後でも連絡を取り合っていますし、今でも集まって旅行に行ったりしています。

縁があって同じ土地に集まった彼らとの関係はこれからも大切にしていきたいです。また、宮古島に1ヶ月旅行で滞在するには費用がかかりますが、リゾートバイトという制度を利用したことで安くお得に島に滞在することができ、お金を稼ぐことまでできました。

また、ブリーズベイマリーナというホテルは良いところなので、次は旅行で来て見たいと思います。

【リゾバ.com】業界最大の求人数!

 

リゾバ.com(ヒューマニック)の評判

リゾートバイトの体験談まとめ!




多くの大学生が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


リゾートバイト派遣会社の人気ランキング!

【第1位】はたらくどっとこむ(アプリ)!

北海道や沖縄などの大規模施設で多くの求人を出しているのが、はたらくどっとこむです。スキー場やリゾートホテルなどの大規模な施設で、多くのリゾートバイト仲間と一緒に働けるので、友達や恋人を作りやすい環境と言えるでしょう。

はたらくどっとこむは定期的にキャンペーンを行っていて、ハワイ旅行が抽選で当たったり、女子旅リゾートバイトなど面白い企画が満載です。英語を活かせるリゾートバイトを用意しているのも特徴的です。

 

【第2位】アルファリゾート(アルファスタッフ)!

福利厚生が手厚く自身のスキルアップに繋がる案件を多く持っているのがアルファリゾートです。一定期間働くことでアルファリゾートから旅行や食事無料券などがプレゼントされる仕組みや、スキルを得やすい仲居や英語を扱う仕事も多くあります。

また、サイトから求人を探す際に「インターネットが使える寮」「毎日温泉に入れる仕事」などの検索項目がありますので自分に合う職場を探しやすい派遣会社です。

【第3位】リゾバ.com(ヒューマニック)!

3社の中で一番求人数が多いのがリゾバ.comです。リゾートバイト業界の最大の求人数を誇り、離島や中国地方や四国地方など他の派遣会社では積極的に求人を出していないエリアでも働くことができます。

また、リゾバ.comはFacebookページでリゾートバイトの様子をリアルタイムで閲覧できたり、リゾートバイト座談会というページではリゾートバイト体験者の生の声が豊富に記載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

 - 沖縄県