リゾートバイト比較ドットコム! – 体験談まとめ!

リゾートバイトを選ぶための徹底比較サイトです。体験談、派遣会社、期間、場所などの様々な観点から、あなたにおすすめのリゾートバイトを提供します。

*

越後湯沢で住み込みバイト!【リゾートバイト体験談】

越後湯沢で住み込みのリゾートバイトをしてきました。リゾートバイトを始めたのは、学校の先輩と遊んでいた時に誘われたのがきっかけでした。高校時代からスノーボードに嵌り始めていたのですが、試験勉強で約一年間お預け状態でした。

大学に進学してやっと遊べるので、長い夏休みを利用してがっつりスノボの資金を貯めようと思っていると話していて、それなら一石二鳥だからゲレンデでリゾートバイトをしようと誘われたのが始まりでした。
正直それまでリゾートバイトというのがあるのを知りませんでした。

夏休みにバイトして、そのお金でスノボ三昧の冬休みを過ごそうと思っていたのですが、まさかバイトしながらお金をもらって、宿泊代も無しでスノーボードが出来るなんて、
そんな美味しい話があるのかと半信半疑でした。

もちろんお客さんとして宿泊しているのではないので、毎日のご飯が出てくるわけでも寝床の用意をしてもらえるわけでもありませんが、宿泊スペースがあり、まかないが三食出て、風呂にも入れるなんて、まさに天国のような話だと思いました。

結局、夏休みもバイトはしたのですが、ゲレンデでリゾートバイトをする予定だったので、夏休みのバイト代で新しいボードを買って、冬のスノボに万全の備えで挑めました。

 

 

越後湯沢なら都会に近く交通の便が良い!

越後湯沢でリゾートバイトをした際に利用した派遣会社は、アルファリゾートでした。先輩の利用している派遣会社に、なにも検討せずに登録しました。後でリゾートバイトの人気ナンバーワンサイトだと知りました。登録した後に確認したところ、レアなリゾートバイト先が多いことで人気で、時給も比較的高く、サポート体制も良好な人気派遣会社の様でした。

幸運にもというか、先輩と同じ担当者にしてもらったので、リゾートバイトの派遣先も同じにしてもらいました。自分が関東圏に住んでいるので、旅費が交通費しかかからないし、思い切って北海道とかにバイトに行きたかったのですが、初めてのリゾートバイトということで、先輩が前回行ったのと同じ越後湯沢にしました。

万が一気に入らない職場で、ケンカ別れなどで帰ることを考えると、交通費があまりにも高額になるのは避けたいと思ったのもあります。北海道の誰も知り合いがいない土地で、飛行機の空席待ちをするのとか飛行機のチケットが取れずにホテルに泊まったりの臨時出費のことを考えると少し慎重になりました。

都内なら漫画喫茶などいくらでもありますが、札幌などの主都部分以外の北海道について何もしらないので、一度旅行などで下調べをしてからチャレンジしたいと思い、今回は断念しました。越後湯沢なら東京から新幹線で数時間で、1~2万円程度で気軽に帰れると思いました。

【アルファリゾート】充実のサポート体制!

 

 

越後湯沢の旅館に住み込みリゾートバイト!

越後湯沢の住み込みリゾートバイトで体験した職種は、旅館での全般業務です。朝ご飯の用意から始まり、朝ごはんの片付け、布団干しにカバー変え、部屋掃除、お風呂場の掃除、廊下のモップかけ、夕飯の配膳、後片付けなどが主な仕事内容です。

この仕事を朝からの早番と、お客さんのチェックアウト後からの遅番として交代で回す感じでした。自分が旅館に泊まりに行ってしてもらうことを、反対のする側に回るだけだなのだから最初は楽勝だと思いました。知らない仕事でっもないし、誰でも出来るとたかをくくっていました。しかし、何わなくとも体力自慢で、仕事の合間と休みの日には、毎日スノボをしてやろうと意気込んでいたのに、それは叶いませんでした。

楽しくても、仕事は大変なのだと身に沁みました。朝ごはんの用意といっても、さすがに朝ごはんを作ったりはしないので、配膳が主になります。自分たちの朝ごはんは、お客さんの朝ごはんとは違う内容なのですが、たまごとか海苔などは、残り物をたまにもらったりしていました。

最初のうちはもの珍しくて、お客さんに出した後のあまった食事などをもらって食べていましたが、だんだん朝はたまごかけご飯で、お昼はラーメンなど、だんだ食事内容もルーティン化していました。しかし、越後湯沢の伝統料理は美味しく、リゾートバイトが終わっても食べにきたいなと思えるほどでした。

 

 

越後湯沢のリゾートバイトはスノボし放題なのでおすすめ!

新潟県の越後湯沢は温泉も有名で、スノボをしない休日は、先輩と温泉巡りに出かけることもありました。先輩が日本酒とそばが好きなので、温泉に入った後遅いランチか早めの夕食みたいな感じで食べて、繁華街をぶらぶらして帰るのが、観光旅行に来ているようで楽しかったです。

バイト代は最終日に支払いでしたが、なにしろ宿泊代がかからずまかない付きで、ほとんどお金を使う場所もなかったので、あまりお金を使う機会もなかったのでお金がたまりました。先輩はお酒が飲めるので、越後湯沢の地酒や地ビール、日本酒を買ってきて、たまに晩御飯に晩酌を楽しんだりしていました。お米が美味しかったので、夕飯はおにぎりなどもよく食べていました。

観光名をも色々あるのですが、なにしろ暇があればスノボに出かけていたので、ほとんどどこにも出かけませんでした。おかげでスノボの腕はメキメキと上がりました。越後湯沢の地元の高校生が小学校時代からスノボに明け暮れ、学校帰りにスノボをしているというのを聞いて、それに少しでも近付きたいとスノボ漬けの毎日でした。

部活でもこれだけ熱を持ってやれば上手くなるだろうなと思い、スノボ部がある学校があったら行きたかったなと思いました。

【アルファリゾート】充実のサポート体制!

 

 

住み込みリゾートバイトは新鮮で楽しい!

アルファリゾートを通して越後湯沢でリゾートバイトを通して思ったことは、とても大きな経験が出来たなということです。最初は働きながらだけれど、タダでスノーボードが出来るいうことだけを考えてバイトに臨みました。しかし、約3週間という長い間、親元を離れて他人と働きながら暮らすというのは、とても大変なことでした。

良く考えれば、誰かと同じ屋根の下、同じ釜の飯を食うというのは、ものすごいストレスになることだってあるわけです。スノボがタダということだけに夢中で、勢いで働き始めてしまったのが、結果として良かったのだと思います。

私は初めてのリゾートバイトで、はじめての他人との生活だったので、全てが物珍しく新鮮で楽しかったのですが、何度かリゾートバイトを体験している他のバイトの人たちは、バイト先とか内容先を他と比べて文句を言っている人もいました。

比べる対象があるということは、良いことでもあり悪いことでもあるなと思いました。先輩と基本的に一緒に行動したのですが、新しい友達も出来て、また来年同じ職場に行きたいねなどと話も出来て、同じ趣味の人と過ごせたのは良い経験でした。自分は風邪なども引かず、健康なままバイトを終われたことで、取りあえず満足でした。

【アルファリゾート】充実のサポート体制!

アルファリゾート(アルファスタッフ)の評判

リゾートバイトの体験談まとめ!




多くの大学生が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


リゾートバイト派遣会社の人気ランキング!

【第1位】はたらくどっとこむ(アプリ)!

北海道や沖縄などの大規模施設で多くの求人を出しているのが、はたらくどっとこむです。スキー場やリゾートホテルなどの大規模な施設で、多くのリゾートバイト仲間と一緒に働けるので、友達や恋人を作りやすい環境と言えるでしょう。

はたらくどっとこむは定期的にキャンペーンを行っていて、ハワイ旅行が抽選で当たったり、女子旅リゾートバイトなど面白い企画が満載です。英語を活かせるリゾートバイトを用意しているのも特徴的です。

 

【第2位】アルファリゾート(アルファスタッフ)!

福利厚生が手厚く自身のスキルアップに繋がる案件を多く持っているのがアルファリゾートです。一定期間働くことでアルファリゾートから旅行や食事無料券などがプレゼントされる仕組みや、スキルを得やすい仲居や英語を扱う仕事も多くあります。

また、サイトから求人を探す際に「インターネットが使える寮」「毎日温泉に入れる仕事」などの検索項目がありますので自分に合う職場を探しやすい派遣会社です。

【第3位】リゾバ.com(ヒューマニック)!

3社の中で一番求人数が多いのがリゾバ.comです。リゾートバイト業界の最大の求人数を誇り、離島や中国地方や四国地方など他の派遣会社では積極的に求人を出していないエリアでも働くことができます。

また、リゾバ.comはFacebookページでリゾートバイトの様子をリアルタイムで閲覧できたり、リゾートバイト座談会というページではリゾートバイト体験者の生の声が豊富に記載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

 - 新潟県