リゾートバイト比較ドットコム! – 体験談まとめ!

リゾートバイトを選ぶための徹底比較サイトです。体験談、派遣会社、期間、場所などの様々な観点から、あなたにおすすめのリゾートバイトを提供します。

*

山梨で住み込みバイト!【リゾートバイト体験談】

大学生の時の話になりますが、山梨のセラヴィリゾート泉郷というホテルで住み込みのリゾートバイトをしてきました。春の長期休暇の間旅行をしようと思い旅行先を探しているときにリゾートバイトというものを発見しました。

簡単に言えば遊びながらかつ給料も貰えるというもの。多くの学生が同じ思いをすると思いますが、大学生の春、夏休みは長すぎ、半分くらい何もやることもなく過ごして終わってしまいます。かといって、貧乏学生の身では毎日遊ぼうにもやることは限られてしまいます。

そんなに暇ならバイトをしろという人も多いですが、どうしてもせっかくの休みをバイトに使うという判断は私にはできませんでした。そんな私でも、旅行兼バイトであれば私でもやる気は沸いてきました。なんとも都合がよいリゾバ、すぐに旅行に同行するメンバーにも伝えたところ皆賛成を得てリゾートバイトをすることになりました。

しかし、良くも悪くも北は北海道、南は沖縄と日本全国にリゾバは存在していて行き先選びは案外難航しました。一度はリゾバをあきらめ、普通の旅行に戻そうかとも思いましたが、やはり給料が貰えることや宿泊費無料という条件には背に腹はかえられず結局リゾバを始めることにしました。

そんな中一人のメンバーが山梨県に行けばスキーとかできて温泉にも入れるんじゃないか、と言い山梨県に絞り込むことにし、私たちのリ住み込みのゾバ先は山梨県にあるホテルに決まりました。

 

 

山梨のセラヴィリゾート泉郷でリゾートバイト!

まず、始めに書いた通り探せばいくらでも住み込みのリゾバ募集はあります。私たちのように山梨県という一箇所に絞り込んでもいくつもヒットし悩まされました。そこで「アルファリゾート」というサイトより探しました。そこで選ぶ際にいくつかの条件として温泉に入りたい、個室が良い等指定はありましたが、ほかには特にこだわりはなかったのですぐに見つけることができました。

私たちが決めたリゾバ先のホテルは、山梨のセラヴィリゾート泉郷というところでした。なぜそこに決めたかというと、まず一番に周り一面の大自然。都会の喧騒とはかけ離れた冬景色に静まる八ヶ岳の麓近くにある施設であること。そして、一番私たちが気に入ったのは、バイト中の住み込む場所がホテルの一室などでなくコテージを丸々一軒だということ。

それも、小さなコテージではなく私たちではもったいないくらいのロフト付きの大きなコテージでした。ホテルの一室であれば、気にするような声や物音に気を使わなくて良い、いくら大騒ぎをしても迷惑にならないというのは大学生の私たちにとっては大きな魅力でした。

しかし、派遣先が決まったのは良いのですが電車で現地に向かう予定でいたのですが、ひとつ困ったことにホテルまでの交通手段はタクシーしか見当たりませんでした。そこで、「アルファリゾート」を通じて山梨のセラヴィリゾート泉郷に問い合わせたところわざわざ迎えに来ていただきました。この迅速柔軟な対応はとても助かり、リゾバへの期待感を大きくさせてくれました。

【アルファリゾート】充実のサポート体制!

 

 

山梨のコテージで住み込みバイト!

山梨のセラヴィリゾート泉郷へは三人で応募したのですが、職種はバラバラでした。私はコテージで食事をするお客に食材や鉄板や鍋など調理用具の配達や、その他のホテル併設ピザ屋の配達業務でした。その他のメンバーはホテル内の売店の接客や、ホテルの温泉の清掃やチェックアウト後コテージの片付けでした。

私の詳しい業務の内容は、午前11時~12時頃までセラヴィリゾートではホテルのレストランで食事をせず、部屋で食事したお客の残飯や使用済みの鍋等の回収。そしてその回収してきた鍋や食器等を洗い始めます。それと同時に当日用の食材等が卸し業者より配達されてくるのでそれらを各コテージごとに保冷ボックスに分けます。

私を含め5人程度で約40コテージの食材分けをするので、正直なところ忙しいという感覚はなく、世間話をしながら和気あいあいとした雰囲気で仕事ができました。

しかし、それらの作業後は一番の山場が来ます。それらのボックスを各コテージに配達をしていくのですが、コテージの場所によっては長い階段を上ったり下ったりの繰り返しです。冬場であっても汗をかくほどでした。さらに、雪の多い地域なので積雪に注意しながら運ぶ必要があります。ですが、大変な作業はその配達程度なのでバイト内容全体でみれば苦にはなりませんでした。

 

 

山梨は自然もグルメもスキー場もありリゾバにオススメ!

山梨の魅力はなんといっても都会の人からしたらホテルのある大泉地域一面が観光名所だと言っても過言ではありません。たとえば雪で白く染まった森に囲まれたコテージからふと外を見れば、白い息を吐くキツネや鹿が普通にいるんです。そして目線を上げてみればドーンと大きく構える八ヶ岳がありその姿まさに圧巻でした。

すこし車を走らせれば隣の長野県の富士見高原スキー場があり、私たちも何度もナイタースノーボードに行きましたが、小さいスキー場ですが良い意味で考えられないくらい貸切状態です。スキー、スノボー好きはこれを理由にリゾバに来ても良いと思います。

食べ物ですが山梨県といえばほうとうが有名なので、到着したその日の夜から早速食べに行きました。うどんよりも薄くひらべったいそのほうとう麺、麺類特有のすするという感じはなく一度は食べる価値ありです。特定の店だけで出されているものでないので何件も行って味比べしてみても良いでしょう。

ホテルの宿泊者の方に私たちが紹介していた場所もぜひお勧めなのですが、清里牧場という乳製品のショップや絞りたての牛乳を使ったアイスクリームが食べられる牧場があります。観光客の方でいつもにぎわっている現地の有名牧場です。広大な景色を見ながらの牛乳、アイスクリームは最高です。ぜひ行ってみてほしい観光地です。

【アルファリゾート】充実のサポート体制!

 

 

住み込みバイトは現地の人とも仲良くなれる!

住み込みのバイトは、もちろん普通の旅行に比べれば時間の制約はあります。ですが、一般的なバイトと同じようにちゃんと休日はあるのでそこは「アルファリゾート」で事前に調べていけば十分自分たちのやりたい事はできます。そして、どうしても現地で別の観光地に一泊で行きたいなどの状況になれば、ホテル側と相談の上シフトがうまく合えば可能です。

そして最初は想像もしませんでしたが、少し方言が移ってしまいそうなくらいに現地の人とも仲良くなれたというのが良い思い出です。リゾバだからといっても、他の従業員の多くは現地の人です。そんな方とも仕事の後に町に出て一杯飲みに行けたというのはやはり普通の旅行では体験出来ないリゾバの強みではないでしょうか。

私たちは当初ただ仲良しメンバーと安くかつ給料が貰えるという理由でリゾバをしましたが、帰り際にはそんなこと忘れてしまうほどの達成感と充実感でいっぱいでした。その感覚がなかなか忘れられず私たちはそれ以降も同じ場所に何度もリゾバに行っています。

決して楽に稼げるとは言いませんが、楽ではないけれど楽しいというのは行ってみた感想です。色々な人と出会い、ネットでは見つけられない見たことのない景色を見ることができ、個人旅行では絶対に出来ないことが出来るのがリゾバでしょう。ぜひ一度で良いのでリゾバしてみませんか。

【アルファリゾート】充実のサポート体制!

アルファリゾート(アルファスタッフ)の評判

リゾートバイトの体験談まとめ!




多くの大学生が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


リゾートバイト派遣会社の人気ランキング!

【第1位】はたらくどっとこむ(アプリ)!

北海道や沖縄などの大規模施設で多くの求人を出しているのが、はたらくどっとこむです。スキー場やリゾートホテルなどの大規模な施設で、多くのリゾートバイト仲間と一緒に働けるので、友達や恋人を作りやすい環境と言えるでしょう。

はたらくどっとこむは定期的にキャンペーンを行っていて、ハワイ旅行が抽選で当たったり、女子旅リゾートバイトなど面白い企画が満載です。英語を活かせるリゾートバイトを用意しているのも特徴的です。

 

【第2位】アルファリゾート(アルファスタッフ)!

福利厚生が手厚く自身のスキルアップに繋がる案件を多く持っているのがアルファリゾートです。一定期間働くことでアルファリゾートから旅行や食事無料券などがプレゼントされる仕組みや、スキルを得やすい仲居や英語を扱う仕事も多くあります。

また、サイトから求人を探す際に「インターネットが使える寮」「毎日温泉に入れる仕事」などの検索項目がありますので自分に合う職場を探しやすい派遣会社です。

【第3位】リゾバ.com(ヒューマニック)!

3社の中で一番求人数が多いのがリゾバ.comです。リゾートバイト業界の最大の求人数を誇り、離島や中国地方や四国地方など他の派遣会社では積極的に求人を出していないエリアでも働くことができます。

また、リゾバ.comはFacebookページでリゾートバイトの様子をリアルタイムで閲覧できたり、リゾートバイト座談会というページではリゾートバイト体験者の生の声が豊富に記載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

 - 山梨県