リゾートバイト比較ドットコム! – 体験談まとめ!

リゾートバイトを選ぶための徹底比較サイトです。体験談、派遣会社、期間、場所などの様々な観点から、あなたにおすすめのリゾートバイトを提供します。

*

小涌園で住み込みバイト!【リゾートバイト体験談】

小涌園で住み込みのリゾートバイトをして来ました。私は大学卒業後、就職活動に失敗して地元の九州の片田舎でアルバイト生活を送っておりました。しかしその内容と言えば、新聞配達を朝だけやるものなので月に5万行くか行かないかの収入でした。私自身人付き合いが相当に苦手なためにこういったバイトばかりを選んでいましたが、同時に閉塞感のようなものを感じていたんですね。

やはり田舎ですと閉鎖的ですし他人の目も逆に気になります。いっそ都会に就職したいなとも思いましたが、新聞配達ではその資金も貯まりそうにありません。しかも勇気も無いですしせめてきっかけさえあれば、と思った時に知ったのが「リゾートバイト」だったのです。

最初はリゾートバイトという仕組みを知らなくて、多くの仕事先が寮費食費無料で貯金が出来ることを知りビックリしました。地元遠く離れて働くことで、社会にも慣れそうでしたし貯金も出来るのですぐに「やってみよう」という気持ちになりましたね。

リゾートバイトが終わればそのままそっちの地方で定職を探すことを計画しましたが、また地元に戻ってくるのもアリかなと思いどちらにしてもまずトライすることにしたのです。実は出発するまでには1ヶ月くらいかかりました。要らない物や持っていく物を整理することがあんなに大変だとは知りませんでしたね。

 

 

小涌園で住み込みのリゾートバイト!

リゾートバイトという名前のイメージ的に、沖縄のような南国でのバイトだと思いましたが全国いろいろな所に行けることは結構衝撃でした。特に取り扱っている案件の多い「リゾバ.com」(株式会社ヒューマニック)を利用することにしました。まずは資料請求のためにスマホから申し込みました。

いろいろと書類を提出するので資料を送ってもらうことは必須のようでした。仕事を決めきる前に家族に書類を見られて、私のやる気に水を差されたら嫌なので心配でしたが何とか見られずに私が郵便局を受け取りました。大きな封筒の中には説明資料と記入用紙、そして私が送るための封筒が入っていました。記入用紙には希望する場所が大まかに地方ごとに書かれていました。

具体的に言うと関東地方・関西地方などで私は関東を第一に希望しました。職種もいろいろとありましたが、やはりリゾートということで宿やホテルの仕事が多いようでしたね。そうこうしている内に派遣会社の担当者から電話がかかってきて、詳しい説明を受けました。

結局私は箱根の温泉宿の小涌園で働くことになりました。やはり神奈川県ということでその後の仕事の探しやすい関東の人気観光地にしたのです。箱根は憧れもありましたし、何しろ温泉はこの上無いメリットだったのです。

【リゾバ.com】業界最大の求人数!

 

 

箱根小涌園の温泉宿フロントでリゾートバイト!

私は料理が好きですし短期間ですがファーストフードでバイトしたこともあるので最初はキッチンが希望でした。しかし薄利多売な飲食店とは違い、小涌園を始めとする人気宿は短期アルバイターには任せられないクオリティーの料理を出さなくてはいけないのでしょう。

実際に私が就いた職種は箱根小涌園の温泉宿フロントで、もともとコミュニーケーションが苦手な私に務まるのかなという心配もありました。しかし意外と慣れるのが早く、最初はかなり要領が掴めずに苦労しましたが「パターン」のようなものが分かってくると何とか様になっていました。つまりはルーティーンのようなものでしょうが、基本はお客様が来てそして送り出すことが軸ですから全体像が見えてきてからは楽になりました。

お客様のリスト管理はさることながら、次々と来る電話については正直目が回りましたね。まあそれでもやりがいはありましたし、スキルはその後に役立ちました。箱根は特に観光客が多いですしそこまで忙しくない、それこそ山奥の個人経営旅館はのんびりした雰囲気でしょうね。

私が一番印象に残っているのは、朝のチェックアウトですね。お客様がお帰りになる時に、ほんのちょっと顔を合わせただけの関わりですが、何とも言えない不思議な気持ちになりました。本職ホテルマンは、おそらくいつもそんな気持ちを持って働いてらっしゃるのでしょうね。

温泉街でリゾートバイト

 

 

小涌園は外国の観光客にも人気なスポットに!

私は生まれも育ちも九州で、温泉も近隣に多かったから親しみはありました。箱根は日本を代表する温泉地で、熱海などリゾート的な雰囲気とは違い落ち着きも感じます。しかしながら小涌園近辺は観光客もかなり多く、やはり首都圏の観光地なんだなと強く感じましたね。

ちょっと驚いたことは、外国からの観光客がかなりの割合占めていたことですね。地元の温泉地も外国人はよく見かけますがアジア人が多く、箱根や小涌園はまさに世界中からという気もしました。私が働いている際には日本人のお客さんが多かったので、そこまで英語力は気にしなくて良いかもしれませんね。

一番ここは面白いなと思った観光名所は月並みですが「大涌谷」ですね。やはりテレビで見るのとは印象が違って、何と言うか自然の力みたいなものがここにあると感じました。黒たまごは知名度がどんどん上がってるらしいですが、意外と癖が無いのでオススメ度は高いです。

個人的には箱根旧街道も捨て難く、特に晴れた昼下がりに歩くとホントに心が洗われるようでした。静岡の伊豆や長野の軽井沢もそうですが、その地の人々の雰囲気的なものが良く表れてると思いました。箱根の町は強いて言うならば、「伝統を失わないけど進化する温泉地」だと思いますね。

 

 

箱根小涌園でまたリゾートバイトをしてみたい!

小涌園での住み込みのリゾートバイトは間違い無く今までのバイトの中で一番インパクトに残っています。やはりそこに泊まるという経験が印象を強くさせてるのだと思いますし、実際に実家を出て暮らすという体験はそれが初めてだったことも大きいと思います。

住み込みのリゾートバイト生活はそれほど長期でもありませんでしたが、新生活への資金にはなりました。その後に東京近郊のシェアハウスに転がり込んでカフェでバイトを始めたのですが、箱根の小涌園の経験のおかげで集団生活にすぐ馴染めましたよ。

2年近く経って、結局地元に戻りましたが間違い無く良い経験でした。お金を貯めたいから応募するのか刺激を求めて応募するのかは人それぞれでしょうが、やはり「新しい経験」という刺激を与えてくれる存在がリゾートバイトなんだと思いますね。特に若い人にはオススメですし、実際に長期休暇中の大学生が働いてるのはよく見かけました。

初期費用があまり掛からないのは良いですね。私は九州から箱根に行きましたので交通費はそれなりでしたが、近い人ならほとんど費用は掛からないでしょう。ある程度経済状況を気にしてくれる会社も多いですから、そういう意味ではお金が無い人にもすすめられますね。生活費が掛からないのは相当なメリットだったな、と感じます。

【リゾバ.com】業界最大の求人数!

 

リゾバ.com(ヒューマニック)の評判

リゾートバイトの体験談まとめ!




多くの大学生が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


リゾートバイト派遣会社の人気ランキング!

【第1位】はたらくどっとこむ(アプリ)!

北海道や沖縄などの大規模施設で多くの求人を出しているのが、はたらくどっとこむです。スキー場やリゾートホテルなどの大規模な施設で、多くのリゾートバイト仲間と一緒に働けるので、友達や恋人を作りやすい環境と言えるでしょう。

はたらくどっとこむは定期的にキャンペーンを行っていて、ハワイ旅行が抽選で当たったり、女子旅リゾートバイトなど面白い企画が満載です。英語を活かせるリゾートバイトを用意しているのも特徴的です。

 

【第2位】アルファリゾート(アルファスタッフ)!

福利厚生が手厚く自身のスキルアップに繋がる案件を多く持っているのがアルファリゾートです。一定期間働くことでアルファリゾートから旅行や食事無料券などがプレゼントされる仕組みや、スキルを得やすい仲居や英語を扱う仕事も多くあります。

また、サイトから求人を探す際に「インターネットが使える寮」「毎日温泉に入れる仕事」などの検索項目がありますので自分に合う職場を探しやすい派遣会社です。

【第3位】リゾバ.com(ヒューマニック)!

3社の中で一番求人数が多いのがリゾバ.comです。リゾートバイト業界の最大の求人数を誇り、離島や中国地方や四国地方など他の派遣会社では積極的に求人を出していないエリアでも働くことができます。

また、リゾバ.comはFacebookページでリゾートバイトの様子をリアルタイムで閲覧できたり、リゾートバイト座談会というページではリゾートバイト体験者の生の声が豊富に記載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

 - 神奈川県