リゾートバイト比較ドットコム! – 体験談まとめ!

リゾートバイトを選ぶための徹底比較サイトです。体験談、派遣会社、期間、場所などの様々な観点から、あなたにおすすめのリゾートバイトを提供します。

*

レオマワールドで住み込みバイト!【リゾートバイト体験談】

香川県にあるレオマワールドで住み込みのリゾートバイトをしてきましたので、レオマワールドを選んだ背景から説明していきます。

私は大学1年の春休みにレオマワールドで住み込みのリゾートバイトをしました。大学に入って初の春休みで、約2か月間休みがあったのでその期間でがっつり住み込みアルバイトをして稼ぎたいと考えていました。

その頃ちょうどアルバイトを辞めたばかりで、春休みまでに何か見つけようと考えていたのですが、普通のアルバイトだと大抵シフト制で一日に4,5時間くらいしか働けないことが多いと思いました。

またアルバイトを見つけるまでにも時間がかかるし、気に入る求人情報もなかなかなく、面接や働き始めるまでに時間がかかると思っていた時期にネットで「リゾートバイト」というバイトがあることを初めて知りました。

そこで長期間がっつり働きたい私にとってぴったりだと思い始めました。もう一つリゾートバイトを始めた理由があって、それは私はずっと実家暮らしで親元を離れたことがありませんでした。しかしその頃1年間の留学が決定しており、1年間日本を離れてホームシックにかからないためにもまずは2か月間親元を離れて慣れようと思ったのも理由の一つです。

留学費用を貯めるという目的も大いにありましたが、その留学期間中に寂しくならないよう、親元を離れる練習をしようと思って住み込みのリゾートバイトを始めました。

 

 

レオマワールドで住み込みのリゾートバイト!

求人でまず見つけたリゾートバイトの派遣会社が「はたらくどっとこむ」でした。今見るとネットでも様々なリゾートバイトの派遣会社があるようですが、私は当時初めてリゾートバイトというものを知り、その会社しか知らなかったのでそこにまず面接に行きました。

面接というか登録会で、担当の男性が付いてくれました。その方がバイト開始可能日などを聞いてくれて募集のある現地の職場を2件教えてくれました。

まず1件目が静岡にある旅館にあるレストランでした。そこは時給も高めだったのですが、担当の方が「雰囲気は良いですが、正直に言うと店長が気性が荒く面倒くさい方です。それでも良ければいいですが。」と率直な意見を教えてくれました。

リゾートバイトは県外に行くので簡単にやめると言って契約期間内に帰ってこられると派遣会社にとっても、仕事先にとっても不利になるのです。私もそんな嫌な気持ちで住み込みのアルバイトしたくなかったのでそこはお断りしました。

そして次に紹介されたのが香川県高松市にあるレオマワールドのホテル「レオマの森」内にあるバイキング会場でのウエイトレスです。担当の方が「バイキングなので飲食経験がなくても覚えることが少ないし、初めての人にとってもやりやすいかも。また結構「はたらくどっとこむ」からも人材を派遣している」と伝えてくれました。私は実際飲食経験がなかったので、そこにしました。

【はたらくどっとこむ】大規模施設でみんなと働こう!

 

 

レオマワールド「レオマの森」のバイキング会場でお仕事!

レオマワールドのホテルの中にあるバイキング会場でウエイトレスをしました。主にお客様の席案内や、食べたお皿を片付けるバッシング、そしてお酒のオーダーを取ったりしました。大きな会場で担当するエリアがそれぞれ決められています。

混雑時間になるとずら~っと列が出来てテキパキとバッシング、案内をすることを求められたと思います。開店前は机を拭いたり、ランチとディナーでポップが変わるので入れ替えたり準備をしました。そして開店後はお客様に席案内していきました。

一番怖いのがダブルブッキングで、お客様が既にいる机にまた別のお客様を案内してしまったりして揉めそうになったことはあります。そうならないためにも一人ひとりインカムをつけていて、「何席空席か、2人座りか、4人座りか」を決められた時間にインカムを通して共有し合いました。

小さい子供などは食べ放題なので急に嘔吐してしまったりすることがあり、その処理ももちろんしました。グラスを割ってしまったり、食べ物を落としたりする人もいるのでそういう時は立入禁止の看板を置いてお客様が近づかないようにすることもありました。

一番嫌なのは椅子が濡れていたりして次座ったお客様の服も濡れてクレームになったりすることがあるので接客面では色々注意しました。ただ感じが良いねなど褒められることも多くやりがいを感じました。

 

 

レオマワールド「レオマの森」の温泉に癒された!

住み込みバイトをしたレオマワールドは遊園地なので楽しかったです。ただ本当に何も周りにはなく、1時間自転車をこいで買い物(イトーヨーカドー)に行ったりもしました。ホテル内にある温泉が毎日無料で入れるのでそれは一番の至福の時でした。

大江戸温泉がホテルを経営しているので本当に温泉は気持ちいいです。毎日10時間くらい立ちっぱで歩きっぱなしなので本当に最後に入る温泉が嬉しかったです。 レオマワールドは車がないと不便な立地なのでお客様もバス観光や車で来られる方が多かったです。

愉快リゾートなどと提携しており、そのプランで金比羅山に行くものもありました。私も金比羅山を観光で登りました。階段が多くしんどそうに見えますが案外登れる距離です。子供も多かったです。春だったので花見で行くのは最高だと思いました。

緑が多く、田んぼや畑が多い田舎なので都会育ちの私にとっては逆に新鮮で自転車での走行は気持ち良かったです。またバイト先と寮を自転車で往復するのですが結構坂がきつく帰りは下りですが行きは大変でした。ただ帰り道にポプラがあるのですがそこにいつも太った猫がいてその猫に戯れて癒されて寮まで帰っていました。

本当に森の中にある田舎なので通りすがりの人が挨拶してくれたり、近くに人を感じることが出来るのはその場所特有の良さだと思います。

【はたらくどっとこむ】大規模施設でみんなと働こう!

 

 

レオマの森でできた住み込みバイト仲間に恵まれた!

レオマワールドの借りていた寮はテレビもなく、冷蔵庫もなかったのですが、お金は貯まりました。毎日10時間くらい勤務をしていて週に4,5日くらい働いていました。私の所は中抜けシフトというものがあり、朝から昼まで働いて、3時間休憩、そしてまた夜まで働くというシフトです。

もちろん一日ぶっ通しのシフトもありますが、中抜けシフトならその間に温泉に入れたり、椅子で寝たり、寮に帰る人もいましたがそのシフトは普通のバイトではないので結構レアだと思います。

本当にバイト以外することがないので中抜けでも総合的に12時間勤務になることもあり、体は疲れますがガッツリ働けるのでありがたかったです。また向こうで友達も出来ましたし、友達ができると仕事の不安もなくなって楽しく2か月間過ごせました。

皆いろんな都道府県から香川県のレオマワールドに集まっているので色んな人がいて新鮮でした。休憩中は卓球をして遊んだり楽しいことも多かったです。今考えると恵まれていたと思います。

あの時仲良くしてくれた人や親切にしてくれた人のおかげで楽しくアルバイトが出来たのですごく「はたらくどっとこむ」の派遣会社にも「レオマの森」にも感謝しています。

ただ、もう一回行くかと言われたら色々用意や気合がいるし、また前と同じように良い環境の所かわからないという不安はありますが、総合的には楽しかったです。派遣会社の方との出会い、またその時良い職場に出会えるかはその人の運もあると思います。

【はたらくどっとこむ】大規模施設でみんなと働こう!

 

はたらくどっとこむの評判

リゾートバイトの体験談まとめ!




多くの大学生が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


リゾートバイト派遣会社の人気ランキング!

【第1位】はたらくどっとこむ(アプリ)!

北海道や沖縄などの大規模施設で多くの求人を出しているのが、はたらくどっとこむです。スキー場やリゾートホテルなどの大規模な施設で、多くのリゾートバイト仲間と一緒に働けるので、友達や恋人を作りやすい環境と言えるでしょう。

はたらくどっとこむは定期的にキャンペーンを行っていて、ハワイ旅行が抽選で当たったり、女子旅リゾートバイトなど面白い企画が満載です。英語を活かせるリゾートバイトを用意しているのも特徴的です。

 

【第2位】アルファリゾート(アルファスタッフ)!

福利厚生が手厚く自身のスキルアップに繋がる案件を多く持っているのがアルファリゾートです。一定期間働くことでアルファリゾートから旅行や食事無料券などがプレゼントされる仕組みや、スキルを得やすい仲居や英語を扱う仕事も多くあります。

また、サイトから求人を探す際に「インターネットが使える寮」「毎日温泉に入れる仕事」などの検索項目がありますので自分に合う職場を探しやすい派遣会社です。

【第3位】リゾバ.com(ヒューマニック)!

3社の中で一番求人数が多いのがリゾバ.comです。リゾートバイト業界の最大の求人数を誇り、離島や中国地方や四国地方など他の派遣会社では積極的に求人を出していないエリアでも働くことができます。

また、リゾバ.comはFacebookページでリゾートバイトの様子をリアルタイムで閲覧できたり、リゾートバイト座談会というページではリゾートバイト体験者の生の声が豊富に記載されているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

 - 香川県